新耐震基準についてもしっかりとお調べいたします

  • HOME
  • 新耐震基準について

新耐震基準について

耐震基準の新旧を分けるのは、建築確認を受けた⽇付。
1982年前後に竣⼯した物件は、確認することをお勧めします。

新耐震基準が適⽤されているのは、1981年6⽉1⽇以降に“建築確認を受けた物件”です。
耐震基準の新旧を分けるのは“竣⼯年⽉”ではないのでご注意ください。なお、通常のビル建設では建築確認から竣⼯までに
少なくとも1年程度はかかると考えられるため、1982年前後に竣⼯した物件に関しては、
新耐震基準が適⽤されていないものもあります。ご希望の物件が新耐震基準を満たしているか不安な場合は、
貸主様もしくは管理会社に“建築確認を受けた⽇付”を確認されるとよいでしょう。

賃貸オフィス東京.comでの対応

新耐震基準を満たしているか、ご要望に応じてお調べします。

⼤きな地震が頻繁に起こると、「移転先のオフィスビルは、果たして⼤丈夫なのか…」と⼼配になりますよね。
その点、賃貸オフィス東京.comでは新耐震基準を満たす新築オフィス賃貸物件を
数多く掲載しておりますのでご安⼼ください。
また、竣⼯が1982年前後で新耐震基準を満たしているかどうか不明な物件に関しては、
当社にてお調べすることも可能です。
ご希望の物件の耐震性が気になるお客様は、担当者までお申し付けください。